スポーツ

2016年09月11日

祝!広島カープ優勝

広島カープがリーグ優勝。
いや〜めでたい!
25年ぶりかぁ。

80年代、
僕が子供の頃は強かったなぁ。

先発は、
エース北別府に
大野、川口の三本柱
抑えは、
炎のストッパー津田

打者は、
正田、山崎、高橋慶彦の
1〜3番俊足トリオ
4番の
ミスター赤ヘル山本浩二に、
鉄人衣笠
キャッチャー立川
あっ、小早川もいたなぁ。

そして知将、古葉監督

巨人ばかり優勝しても、面白くないからね。
来年は中日にも、復活して欲しいヽ(;▽;)ノ


grasscafe at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月20日

自転車に乗っていくよ、くるよ

image
昨日は午前中から、所属しているサイクリングチーム「チームロータスicc」の練習に参加!
5月のツール・ド・国東75キロに出場して以来、久しぶりに自転車に乗りました。

アディダスのサイクルジャージに身を包み、
スタート前に、
余裕の矢印サインw

しかし、この後・・・
ツールド国東の時に怪我した左膝が、
またもや疼きだす事態にヽ(;▽;)ノ

左膝の痛みをこらえながら、
途中で矢峰のMY珈琲さんで、休憩し
佐世保市内を、なんとか30キロ走り終えました。
image
いや、湿度高すぎる・・・。
蒸し暑くて、死にそうだった。

今年のツール・ド・ちゃんぽんは、実行委員のため出場出来ませんので、
チームロータスiccのチームメイト達の、活躍を祈るばかりですw


grasscafe at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月19日

リオ五輪!陸上女子5000m予選をみて思ふ

16日の夜、自宅に帰ってテレビをつけたら、
タイミング良く、
リオ五輪の
陸上女子5000m予選がスタート。

日本代表の上原美幸選手の爆走に、
驚きながら、必死で応援w

なんと!上原選手、途中で2位集団を50mほど引き離して、独走態勢。
おいおい、そんなに序盤に飛ばして、大丈夫なの?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
とか思ってたら、3500m付近で2位集団のアフリカ勢に追いつかれ、
もうダメか・・・
と、諦めかけた瞬間、
ここからまた息を吹き返し、先頭集団に食らいつく!
最後は、見事に7位でフィニッシュ。
決勝進出を決めました。

この子、
この闘争心むき出しなところが良いなぁw
決勝も、前半から爆走してほしい!


grasscafe at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月15日

解説の神様

夜遅く、
リオ五輪の女子マラソン中継を見ながら、
ふと思う。
増田明美は、解説の神様じゃないか?、と。

徹底した取材と
ご自身のマラソン人生からくる経験談と、
落ち着きのある声。
彼女の声に耳を傾けていると、
いつの間にかマラソンの世界へ、ぐいぐい引き込まれてしまうw
この人、本当に解説上手いなぁ。

もうね、いつか・・・
いつも勢いだけで乗り切ってしまう、
サッカー解説の松木安太郎さんとのコンビで、
サッカーW杯のゲスト解説をやって欲しいw


grasscafe at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

祝!3000本安打

image
イチロー選手
祝!メジャー通算3000本安打達成。
オリンピックとかぶっちゃって残念だけど・・・

イチローは、
ヤッパリ凄い!
いや、昔から凄かった!
現役を引退したら、
中日ドラゴンズの監督に就任してほしいw

僕も朝からカレー食べてみようかなぁ。
そう言う問題ではないか( ̄∇ ̄)エヘヘ


grasscafe at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月29日

激録!ツール・ド・国東

image
激録!ツール・ド・国東
(平成28年5月3日に行われた、ツールド国東の記録です)

待ち合わせは朝7時、宿泊先のホテル「ビジネスホテルボストン」のロビー。
チームロータスiccから大野社長とヒロさんと僕の3人。
シーサイドサイクリングクラブからは久保田総監督とエース畑田くん。
合計5名の選手が全員集合した。
車3台に分かれて7時15分に大分市を出発。
大会会場の杵築市には8時10分に到着予定のはずが、ヒロさんのまさかの「コンビニに寄っていい?」発言で15分のロスw
もう、ヒロさん自由人なんだから、うふふ。
大会臨時駐車場に35分に到着。
そこから慌てて、自転車を下ろし準備。
会場からはインパルス堤下の声が聞こえる。
もう開会式が始まってしまったじゃないか!
慌てて会場に向かう。
空を見上げると、どんよりとした雲が一面に広がっていた。

95キロにエントリーのシーサイドサイクリングクラブの2人は、9時20分からスタート。
僕らチームロータスiccの3人は、75キロで9時30分にスタート。
走って3分程で、小雨が降り出した。
6キロ程走った所で、外国人の選手が道路の脇でパンク修理している。
こんな早くからパンクするのか?
少し嫌な予感が走る。
コースの前半は山道の登りが続く。
10キロ程走った所で、ヒロさんがペースを上げて前に出る。
ヒロさんはあっと言う間に見えなくなった。
僕はいつも通り、前半はグッとこらえて体力を温存する予定。
何時もは前半で前に出る大野社長も、今回は僕と同じ作戦のようだ。
15キロ地点でヒロさんに追いつく。
どうやらヒロさん、膝に痛みがはしった模様(T ^ T)
大野社長と僕はペースを温存したまま、第1エイドへ。
ヒロさんも遅れてエイドへ到着。
3人でバナナを食べて、体力回復。
ここら辺から、雨と風が酷くなる。
山を越えようと、必死で登り坂をこぐも、向かい風で全く前に進まない。
森の木達は、怒った様に大きな音を立てて騒ぎまくる。
そして追い打ちをかける様に、坂はどんどん急坂になる。
こんなの無理やろうと・・・思いながらも、なんとか頂上へ。
やっと登りきった山の頂きは、とても素敵な風景のはずが、雨風が酷くて風景を楽しむ余裕など全くない・・・。
そのまま、坂を一気に下り38キロの第2エイドへ。
ここから更に風は強風へ。
とにかく前に進まない。
これは罰ゲームか?
と思い出す。
強風に負けまいと、必死でペダルを漕いでいると、あれ?
左膝に異変が・・・
4月にやっと完治した左膝に違和感が走る。
大会2日前に痛めた背中は、針を打って治っていたが、このオチか!
大野社長に前に出てもらい、減速。
完走だけは、絶対にしたい。

55キロ走り、第5エイドへ。
ここでお昼ご飯。
ツールド国東は、お昼ご飯が美味しいと聞いていたので、少しだけテンションがあがる。
椎茸の煮物、ふきの炒め物、キンピラごぼう等、美味しい味付けのオードブルが並ぶブュッフェは、もう最高w
こういう時に食べるおにぎりも美味い!
しかし、ずぶ濡れでとにかく寒い。
こんなに、震えながら食べる昼食は初めてだ。
ここで、雨で体温を奪われ、ガクガク震えながらリタイヤする人も出ていた。
まさに生き地獄だヽ(;▽;)ノ
そして、遅れて第5エイドにやってきたヒロさんの衝撃の一言
「自転車がパンクしてしまった!」
えーーーーー!
大丈夫なのか、ヒロさん。
後ろ髪を引かれながら、パンク修理中のヒロさんを残して、お昼を食べ終えた僕と大野社長は、また戦場の大海原へ。

お昼ご飯を食べたら、ここから海岸線へ。
「国東半島の海を眺めながら、海風を感じてのんびりと走りたい」
そんな甘い幻想は、ここで完全に打ち破られる。
青く穏やかなはずの海は、大魔神が大激怒したかの様な大荒れ。
波は鬼の様になだれ込み、まるで津波の様だった。
強風が吹き荒れ、海を眺める余裕など全くない!
凄い横風に煽られ転倒する人、ガードレールに激突する人もいた。
あの海風は本当に酷すぎる。
どうあがいても前に進まないので、もう自転車から降りようかと思ってしまった。
ここで頭の中に、「びっくり日本新記録」の音楽が流れ出す。
俺は轟次郎か!
しかし、この音楽が脳内に流れても、テンションは下がるばかり。
だって風が強すぎて顔に雨が当たると、めちゃくちゃ痛いんだもん(T ^ T)
「やっぱり、これは罰ゲームなんだ!」と確信する始末。
最後は感覚が麻痺してしまい、左膝の痛みも忘れて、何とかゴールまでたどり着いた。
ゴール後のあの達成感!
津波の様に押し寄せる高揚感。
最高の気分です。
やっぱり、自転車は最高です。
いや、ただたんに罰ゲームが終わって、嬉しいだけかもしれないw

先にゴールしていた、大野社長と、シーサイドサイクリングクラブのエース畑田くんが、笑顔でお出迎えしてくれた。
流石はシーサイドのエース畑田くん。90キロ走ったのに、5人の中で一番乗り!
大野社長もまだ体力バリバリ残ってるらしい( ゚д゚)
お二人のポテンシャルの高さを改めて実感!
そして3人で、まだゴールしてないヒロさんと、シーサイドの久保田総監督を待つ事に。
サイクルジャージはずぶ濡れ。
下着も靴もびしょびしょ。
兎に角寒すぎる。
3人でガクガクと震えながらひたすら待つ。
ゴール後にも罰ゲームが待っていたとは・・・。
30分後に、ヒロさんがゴールイン。
たまたま居合わせた自転車屋さんにパンク修理してもらったとの事!
よかったね、ヒロさん(^∇^)
それから更に待つこと30分、90キロを走ってた久保田総監督がゴールイン。
待ち時間、1時間。
寒さはMAX。
とにかくすがる思いで、みんなで会場内の出店のドリップ珈琲を飲む。
味は普通だったけど、身体中に珈琲の温かさが広がっていった。
疲れて冷えた体を癒すために、ここから温泉へ。
レース後に気がついたんだけど、左膝が曲がらなくなってるよ。
温泉に入ったら、膝も治るかな?
いや、膝の痛みは取れなかったけど、体温と心は癒されましたw
こうして、僕らのツールド国東は幕を閉じました。

総括
こんな過酷すぎるレースを完走出来たんだから、少し自信がつきました。
そして結論は
「嵐の時は自転車には絶対に乗るな!」

沢山のご声援、ありがとうございました( ̄▽ ̄)


grasscafe at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)